海外口座

海外銀行口座を持つメリットと魅力的な定期預金金利

2015/08/30

海外資産を持ちたい。あるいは海外投資をしてみたいと思っている方も少なくないかと思います。海外資産という括りだけでなく、外貨を保有等、海外口座や海外資産をもつメリットというのは、意外と多くあります。

 

 

資産のリスクヘッジ

caution-454360_640

まず一番最初にあげられるのが、リスクヘッジとして海外資産を持つというのがひとつ上げられるでしょう。

 

日本円も近年は70円台から120円台まで変動の激しいものとなっています。日本だけで生活するのであれば、相対的な円の価値というのはそこまで気になるものではありませんが、輸入品や間接的に家計に影響するというのは考えられることです。

 

円高の時には、海外旅行はお得です。円が高いわけですから、海外でのお買い物が相対的に安くなります。一方、円安の時に海外旅行をすると、円高の時にくらべ、相対的にお買い物も旅行自体も高くなります。

 

海外旅行だけでなく、原油をはじめとする原料や輸入品についても上記の関係というのは同じです。間接的にも為替の影響は受けることにはなりますが、外貨資産や海外資産を同時に保有している場合、そのリスクと言うのはある程度ヘッジできます。

 

例えば、円とドル両方持っていれば、それぞれで使い分けができますし、よりお得な選択が可能です。

 

 

 

高金利通貨で資産形成

business-163501_640

国によってまちまちではありますが、日本や先進各国ではゼロ金利という状況が続いています。日本においては○○年からずっと金利は低いままです。

参考リンク:金利の運用効果と日本と海外の比較

 

 

一方、成長している新興国においては、高いところであれば7%。低くても3%といったところが多く、日本やアメリカにくらべ金利はとても高くなっています。

 

これは、特別なことではなくかつて日本も郵便貯金で7%という時代があったように、歴史的にみて、発展の期待できるところ。経済成長が予想される国においては一般的なことです。

 

一点目と重なる部分がありますが、資産の分散先として高金利の銀行預金を利用して資産形成という選択も可能です。

 

 

 

 

その国の金融商品も身近になる

banknotes-166845_1280

海外口座を持っていれば、当然その国の定期預金を始め、色々な金融商品の選定と情報が入ってきます

 

国によってまちまちではあるものの、外国人にもペイオフを適応してくれるところもあり、元本毀損リスクも低い商品から、投資商品まで日本国内だけでの資産形成よりも、口座をもっていることでの選択肢が増えます。

 

もちろん、自分の好みにあったものを選択すればいいだけですが、リスクの低いものからリスクは高いけれどもハイリターンを望めるものまで、様々なチョイスができるようになるでしょう。

 

お手軽に海外口座を持ち、海外資産を築くための足掛かりとしたり資産のリスクヘッジとして利用してみましょう。

 

郵送のみで口座開設可能な新興国の金利と魅力的な定期預金

check-c02【香港】HSBC香港

bnr_hsbc

◆海外口座のド定番!安定のHSBC香港

マルチカレンシー、世界各国での引き出し可能なATM対応

◆各国の金融商品が購入可能な豊富なラインナップ

 

 

check-c02【カンボジア】アグレダ銀行

acleda

◆高金利が魅力な米ドル建て年7.75%

◆カンボジア最大銀行であるアグレダ銀行

三井住友銀行が筆頭株主に名を連ねる銀行

 

 

check-c02【モンゴル】モンゴル国民投資銀行

mongol

◆年6.6%の米ドル建て定期預金。モンゴルのペイオフ対象

◆うれしい高金利銀行口座が開設可能なモンゴル国民投資銀行

 

 

check-c02【フィリピン】イースタンリザール銀行

banner_rizal_0317

驚きの年利11.5%の米ドル建て定期預金口座が開設可能。

◆フィリピンのペイオフ対象(上限あり)なので、嬉しい定期預金口座。

 

『海外銀行口座開設の手引き』がnoteにて販売中 tebiki more_r 海外口座にまつわる開設方法についての詳細をまとめた内容になっています。 「どの方法が一番安全なのか?」 「どの方法が一番確実なのか?」 「どれが総合的に見ておすすめのか?」 を紹介しています。間違った方法で銀行口座を持たないようにするためにまとめられたものとなっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

-海外口座