アクレダ銀行 カンボジア

アクレダ銀行とは?銀行の詳細と預金金利事情

2016/08/31

カンボジアの銀行といっても普通、日本に住んでいる人にはあまり馴染みのない銀行かと思います。あの有名なアンコールワットに旅行に行くほうがよっぽど身近な出来事でもあるでしょう。

 

とはいえ、カンボジアの成長性や今後の経済発展の中でも重要なポジションである銀行ですので、外貨預金や海外資産の保有を検討している方にとっては関係のない話ではないでしょう。

 

 

カンボジア最大のアクレダ銀行

アクレダ銀行 概要
銀行名公式サイト ACLEDA BANK Plchttp://www.acledabank.com.kh/
創業 1993年創業
資本金 US$ 265,726,050
(約302.133087 億円)
本店 #61, Preah Monivong Blvd., Sangkat Srah Chork, Khan
Daun Penh, Phnom Penh, Cambodia. P.O. Box: 1149
Tel: +85­5 (0)23 998 777 / 430 999
スイフトコード ACLBKHPP

 

株主構成

Shareholders Ownership (%) Share Capital (US$)
ACLEDA NGO 25% $66,713,499
ASA, Plc. 26% $68,806,792
COFIBRED 12% $32,551,440
Sumitomo Mitsui Banking Corporation
(三井住友)
18% $48,495,003
ORIX Corporation
(オリックス)
12% $32,551,440
Triodos Microfinance Fund 3% $6,778,168
Triodos Fair Share Fund 2% $5,796,497
Triodos Sustainable Finance Foundation 2% $4,033,211
Total 100% $265,726,050

上記を見ていただければわかるかと思いますが、株主に三井住友、オリックスと日本の資本が入っています。2015年までは、このアクレダ銀行の最大株主は三井住友で、当時大々的なニュースにもなっていました。

カンボジア・ACLEDA Bank Plc.の株式取得について|三井住友銀行

 

 

アクレダ銀行とカンボジアの成長

日本資本がカンボジアの最大銀行に資本提携という形で進出したのも、カンボジアの成長性への期待でしょう。外資の進出や日本とカンボジアの決済等が増えることを見越しての取り組み、そして東南アジアでやや遅れがちな成長への「伸びしろ」を考えてのことでもあるでしょう。

カンボジアの経済成長率の表

 

右にはベトナム、左にはタイ。東南アジアを潤すメコン川も通るカンボジアは、地理的にも経済発展機会のある国です。2015年はカンボジアの賃金水準をベトナム第3地域の賃金水準まで引き上げたこともニュースになっていましたが、これからのカンボジアの内需、そしてインフラ整備等の産業発展は期待できるものでもあるでしょう。

 

カンボジアの地図

そして、その積極的な国内投資の根幹をなすのが、金融セクターであり、経済の血液となるべき資金を融通する期待がされているのもまた事実であります。

 

 

アクレダ銀行のビジョン

Vision
ACLEDA Bank's vision is to be Cambodia's leading commercial bank providing superior financial services to all segments of the community.アクレダ銀行のビジョンは、カンボジアのリーディングバンクとしてカンボジア社会にファイナンシャルサービスを通して貢献していくこと

 

 

アクレダ銀行の金利と定期預金

そんなカンボジア最大の銀行「アクレダ銀行」ですが、実は郵送で口座開設も可能になっているのはあまり知られてはいません。

日本にいながら郵送で口座開設可能でVISAデビットカードも作成できるので、定期預金を組んで海外資産をもつという方法も可能です。

『海外銀行口座開設の手引き』がnoteにて販売中 tebiki more_r 海外口座にまつわる開設方法についての詳細をまとめた内容になっています。 「どの方法が一番安全なのか?」 「どの方法が一番確実なのか?」 「どれが総合的に見ておすすめのか?」 を紹介しています。間違った方法で銀行口座を持たないようにするためにまとめられたものとなっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

-アクレダ銀行, カンボジア